2014年04月07日

引越しと物を捨てるということ

物を捨てられないタイプの人が引越しをすると大変ですね。押し入れの奥に放り込んで置いたいろいろなガラクタを引越しの際にどうするかという問題が出て来ます。つまり捨てるか、持っていくかという選択です。
私は割りと物を捨てられるほうなので、何も考えずなんでもぽんぽん捨てることができます。たとえば旅行先で集めたその土地の品とか、まああまり必要なものとは言えないと思うんです。

■引越しに関する情報はこちら
http://xn--t8j0afa4rv36xwepcu6b5oza.biz/

だからほとんど何も残さず捨てることができます。
でも私の主人はいわゆる捨てられないタイプでして、捨てましょうと説得するのが大変でした。私は身軽で引越したいなと思います。。
posted by ユウキ at 06:10| ERROR: NOT PERMITED METHOD: name | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

電気が付く無くなることが多くあります。

家電は一度季節が変わったり、場所が変わったりすると、電気が付く無くなることが多くあります。なぜだか分かりませんが、家電っていうのは引越し先で壊れることが多いのです。ですから迷っているなら捨ててしまったほうがいいでしょう。それに引越し業者に頼むほうが高くつくということになりかねません。むしろ引っ越し先で再度購入したほうが安くなる可能性があるので引越し業者に聞いてみてください。その金額で判断してもいいのでしょう。衣類や寝具は当初の季節のものだけでも衣類や寝具に関しては、無理に1年中すべての分を持ち込む必要はない。
posted by ユウキ at 13:44| ERROR: NOT PERMITED METHOD: name | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

引越し作業で失くしたものが

韓国での引越しをしたときの体験です。
荷物の梱包から運搬までを全て引越し業者さんに
お願いしました。
大きなプラスティック製の箱にどんどんと家の中の
荷物を詰めて行き、それを新居についてから
適当に荷物を詰めていくという感じで引越しは
あっという間に終わりました。
引越しの荷物作りも、荷物を解く作業も
しなくて済んだので、適当に収納されたことに対しては
目をつぶりましたが
業者さんが収納されてくれた荷物がどこにあるのかが
分からなくなってしまったのです。
台所用品などはそのままそっくり運んでくれたのですが
小さな小物達を見つけるのが苦労しました。
大体探してあったのですが、目覚まし時計が見つからず
ずっと探していたのですが、とうとう見つからずに
新しいのを購入しました。
しばらくしてから目覚まし時計は、食器棚の一番奥の方に隠れているのを発見しました。
posted by ユウキ at 21:38| ERROR: NOT PERMITED METHOD: name | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。