2014年03月06日

引越し作業で失くしたものが

韓国での引越しをしたときの体験です。
荷物の梱包から運搬までを全て引越し業者さんに
お願いしました。
大きなプラスティック製の箱にどんどんと家の中の
荷物を詰めて行き、それを新居についてから
適当に荷物を詰めていくという感じで引越しは
あっという間に終わりました。
引越しの荷物作りも、荷物を解く作業も
しなくて済んだので、適当に収納されたことに対しては
目をつぶりましたが
業者さんが収納されてくれた荷物がどこにあるのかが
分からなくなってしまったのです。
台所用品などはそのままそっくり運んでくれたのですが
小さな小物達を見つけるのが苦労しました。
大体探してあったのですが、目覚まし時計が見つからず
ずっと探していたのですが、とうとう見つからずに
新しいのを購入しました。
しばらくしてから目覚まし時計は、食器棚の一番奥の方に隠れているのを発見しました。
posted by ユウキ at 21:38| ERROR: NOT PERMITED METHOD: name | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。